令和3年度 JDSF BREAKING 全日本ブレイキン選手権 出場者発表

 2021年10月17日の北海道東北予選をもちまして、2021年JDSF BREAKINGブロック選手権(以下、ブロック選手権)の全ての競技会が終了しました。2021年ブロック選手権レギュレーションシートで公示した通り、出場者がないブロック・カテゴリーにおいては、オーディション形式一次予選および、二次本戦の結果により2021年全日本ブレイキン選手権(以下、全日本)への出場者を決定します。全日本出場者は以下の通りです。

※女子 ジュニアカテゴリーの関西ブロック、中国四国ブロックは出場者数が4名に満たないが、オーディション形式一次予選および、二次本戦の結果により全日本出場となりました。
※女子 ユースカテゴリーの関西ブロックは出場者数が4名に満たないが、オーディション形式一次予選および、二次本戦の結果により全日本出場となりました。
※女子 オープンカテゴリーの関西ブロック、北海道東北ブロックは4名に満たないが、オーディション形式一次予選および、二次本戦の結果により全日本出場となりました。
※女子 オープンカテゴリーの中部北陸ブロック、中国四国ブロック、九州沖縄ブロックは出場者が0名だったため、該当者なしとなりました。出場者は他ブロックより選出されます。
※女子 オープンカテゴリー AYU選手、RAM選手、miru-k選手はオーディション形式一次予選および、二次本戦の結果により繰上げとなり全日本へ出場となりました。

バトルの各競技会実施日における内容と、ムーブ数は下記の通りです。
両日ともに、ブロック選手権で使用されたアブソリュートジャッジングシステムを使用する。
審査員はグループ予選、決勝トーナメント両日 5名で実施する。

・1月22日(土) グループ予選
4名(ジュニアは3名)1グループ 総当たり戦を実施する。
1バトル2ムーブで実施する。
各グループから2名が翌日の決勝トーナメントへ進出する。
・1月23日(日) 決勝トーナメント
決勝トーナメントへ進出した4名によるトーナメント戦を実施。
1バトル4ムーブで実施する。(ジュニアは2ムーブ)
先攻後攻は自由だが、3ラウンド目は先の2ラウンドの先攻後攻が交代となる。(先攻後攻の交代は、2018年ユースオリンピック及び、世界選手権と同様のフォーマット)
3位決定戦を実施する。

※本大会は予選・決勝を含めて全てアンチ・ドーピング対象の競技会となります。選手の皆さん(保護者も参加可)には連盟が主催するアンチ・ドーピング研修に参加いただきます。

上記選手は、2022年1月22日、23日に渋谷ストリームホールで開催される全日本ブレイキン選手権2021への出場権を獲得しました。競技会の現地での観戦については、新型コロナウィルスの感染状況を加味し、後日JDSF  BREAKINGオフィシャルサイトにてアナウンスいたします。また、配信についても後日オフィシャルサイトにてアナウンスします。


instagram画像 Instagram
ニュース一覧  新着順
公募

【公募】WDSF世界ブレイキン選手権2022 日本選手団派遣における旅行代理店業務に関する公募概要

【すべての選手対象】Breaking for Gold World Series in Koreaについて

JDSF ブレイキンブロック選手権 2022 北海道東北ブロック NHK 札幌放送局にて開催決定!!

「WDSF Breaking for Gold World Series」 北九州市で開催決定!

ワールドゲームズ2022 ブレイキン種目で湯浅亜実(AMI)が金メダル獲得!福島あゆみ、半井重幸は銅メダルを獲得

過去のニュース 月別