日本人女子が世界選手権で2連覇達成 AMI選手、AYUMI選手、SHIGEKIX選手がメダル獲得!

ROAD TO PARIS 新種目ブレイキン 日本人女子が世界選手権で2連覇達成

AMI選手、AYUMI選手、SHIGEKIX選手がメダル獲得!

 女子はベスト8に日本人選手が4名残る好成績

女子表彰台でのAMI選手とAYUMI選手

公益社団法人日本ダンススポーツ連盟(Japan DanceSport Federation; 略称JDSF)は、韓国 ソウルにて現地時間10月21日、22日に開催された、WDSF世界ブレイキン選手権(以下 世界選手権)へ日本代表選手の派遣と強化選手の派遣を行いました。本大会は、世界選手権とBreaking for Gold World Series(以下 BfG WS)を兼ねた大会として開催され、2023年に開催されるアジア大会および、2024年に開催されるOlympic Qualifier Series events(以下 OQS)へつながるポイント大会でした。したがって、各国からの男女2名ずつの代表枠に加えて、選手登録のある2008年12月31日以前に生まれた選手が大会に参加することができました。参加選手数は男女それぞれ、男子187名、女子114名が参加し1日目のプレセレクションと呼ばれる予選から、2日目の決勝トーナメントまでを戦いました。

女子は、2位で中国の671選手がメダルを獲得するほか、ベスト8に日本人選手が4名残り、アジア勢の勢いが台頭しました。一方男子では、1位にカナダのPHILWIZARD選手が前回大会に続きメダルを獲得したり、ベスト8にアメリカ人選手が3名残るなどアメリカ大陸の選手が台頭しました。さらに、ウクライナのLUSSY SKY選手やKUZYA選手などウクライナの選手の活躍が目立ちました。

日本からは、日本代表であるAMI選手、AYUMI選手、SHIGEKIX選手、ISSIN選手に加えて、他21名の日本人選手が参加しました。日本人表彰台結果は、女子部門においてAMI選手が金メダル、AYUMI選手が銅メダルを獲得し、男子部門においてSHIGEKIX選手が銀メダルを獲得しました。上位ベスト32には、男女合わせて10人が進出するなど日本人選手が好成績を残しました。その他日本人選手の入賞結果はプレスリリース本文をご確認ください。

プレスリリース本文はこちら

instagram画像 Instagram
ニュース一覧  新着順

日本人女子が世界選手権で2連覇達成 AMI選手、AYUMI選手、SHIGEKIX選手がメダル獲得!

Road to Paris 世界の選手も東京に集結! マイナビJDSF ブレイキン ジャパンオープン開催決定!

公募

【公募】WDSF世界ブレイキン選手権2022 日本選手団派遣における旅行代理店業務に関する公募概要

【すべての選手対象】Breaking for Gold World Series in Koreaについて

JDSF ブレイキンブロック選手権 2022 北海道東北ブロック NHK 札幌放送局にて開催決定!!

過去のニュース 月別